投稿日:

アイラインの脱毛について

アイラインとは、メイクをする上では目元のことを言います。
しかし、目元はとてもデリケートなので、脱毛することはできません。
脱毛のときに言うアイラインとは、Iライン、つまり女性器の周囲のことを言い、
最近この部位の施術を行う人が増えています。

人から見られることは少ないアイラインですが、
脱毛することでたくさんのメリットがあります。
例えば、女性特有の生理時に、血が毛につかないので衛生的で、
においの原因も抑えることができます。
毛がないことで、蒸れやかぶれも起きにくくなります。

また、水着の際にも、毛がはみ出る心配もなくきれいに着こなすことができます。
下着のラインが響かないTバックなどの下着もはけるので、
ファッションの幅も広がります。

このように、アイラインの脱毛にはメリットがたくさんあります。
施術をするのが恥ずかしいという気持ちもありますが、
一度行えば慣れてしまうので、勇気を出して脱毛してみるといいでしょう。詳しく調べたい方はこちら⇒nullリムーバークリームは女性が使っても大丈夫?

投稿日:

メイクと化粧水

メイクの前にはスキンケアが大切ですが、化粧水は一番大切といってもいいと思います。肌に水分がないと、メイクをしても崩れてしまったり、しわができる元になります。洗顔をした後というのは肌の油分がとれていますから、肌は乾燥状態にあるといえます。ですからたっぷり目に化粧水をつけて水分補給をしたうえでメイクをしなければいけません。化粧水をつけるときに気をつけることとしては、手で化粧水をつけている人も多いと思いますが、手でつけると手に化粧水が吸収されますから、肌全体につけたいと思っている場合にはコットンにつけて使うといいと思います。
コットンに化粧水をつけてから顔全体にパッティングをしていきます。特に目の下や眼尻の部分、口元の端というのはよく動く場所ですからメイク崩れにつながりやすいので、この部分の水分補給は時間をかけて行います。
そしてTゾーンと呼ばれている皮脂の分泌が多いと言われている部分というのは、コットンの反対側を使って、メイクが崩れないように皮脂をふき取るようにしていくのがポイントだと思います。コットンでしっかりと水分補給をした後も手のひらで包んでうるおいを閉じ込めるようにすれば完璧です。
こうして化粧水をしっかりとメイクをする前に肌にしみこませておくことでその後のメイクの乗りが全然違いますし、メイクをしてそれがいかに崩れないのかということにつながります。せっかくメイクをしても昼には崩れていたのでは意味がありませんから化粧水のつけ方に気をつけましょう。

続きはこちら⇒リプロスキンについての詳細